スキー初心者に必要な服装

スキー初心者に必要な服装

スキーの初心者にとっては、「雪山ではどんな服装がいいのだろう?」と悩みのタネになることは多いですよね?
スキー用品を売っているお店で全てをそろえるのもいいですが、初めての場合はスキーウエアをレンタルした方がいいかもしれません。
スキーには向き不向きがあって続かなかったり、スキーウエアはシーズンごとに流行が変わったりします。
一度滑ってみて続けたいと思った方は、後からスキーウエアを買い足して好みの服装で楽しむといいでしょう。

■インナー
インナーは上下ともにサーモ機能のついているものがお勧めです。
発熱性・保温性に優れていて、極寒のシーズンからポカポカ陽気まで活躍します。
汗の吸収もしてくれるので、滑っていて汗をかいても不快にはなりません。
気温や太陽の出方によっては大汗をかくこともあるので、長袖と半袖の両方を用意しておくといいでしょう。

絶対に避けた方がいいのは綿のシャツです。
寒い地域とは言え、運動をすれば多少の汗はかきます。
綿は水分を吸収したまま発散することがないので、体が冷えて寒くなってしまいます。

■アンダーウエア
最も寒くなる1月の下旬から2月の中旬くらいまでは、スキーウエアのなかに着るアンダーウエアが必要です。
フリースやセーターなどを着れば寒さをしのげます。
足が冷えやすい方は、上下でそろえて持って行くといいでしょう。

■小物
グローブはレンタルができますが、それほど高価なものではないので好きなものを購入してもいいかもしれません。
頭や耳から感じる寒さは尋常ではないので、帽子は必須です。
時期によってはネックウォーマーや耳当ても用意しておきましょう。
晴天時も降雪時も活躍するのがゴーグルです。
晴天時は直射日光や照り返しから目を守り、降雪時は視界を良好にします。

    Copyright(C) 今からスキーを学ぶ! All Rights Reserved.