スキーの初心者に必要な滑り方とは?

スキーの初心者に必要な滑り方とは?

「スキーは年に1,2回しか行かないから、なかなか初心者から脱出できない」「これから始めたいから少しでも滑り方を知っておきたい」など、スキー初心者にとっては不安なことがたくさんあるかもしれません。
しかし、基本さえ覚えてしまえば、応用をきかせるだけで楽に中級・上級コースにも向かえます。
基本の滑り方をイメージトレーニングして、スキー場でしっかりと実践してみましょう。

■基本の滑り方
板をハの字にして滑る方法(ボーゲン)です。
自分でスピードを調整できるので、感覚を覚えるまではボーゲンで滑ります。

スキー板を履いたら、ハの字にしてみます。
先はこぶしが1.5~2個ほど入るくらい開き、板が重ならないようにしましょう。
足は内股気味にして、重心が後ろになるように腰を落とします。
軽く椅子に腰を掛けたような体勢を保ってください。
前傾姿勢になると滑走速度が上がってしまいます。
ハの字のまま斜面を滑ると真っすぐ滑り、足のどちらかに重心を置くとターン(シュテムターン)ができます。

■パラレルターン
シュテムターンの感覚を覚えたら、パラレルターンを覚えましょう。
スピードが出るとハの字のままではターンが間に合わなくなります。
板を平行にしてターンをするのがパラレルターンですが、やはりシュテムターンを覚えておかないと滑れません。
シュテムターンを何度も練習し、少し傾斜のある場所で滑るようになると自然とパラレルターンを修得します。

■止まり方
滑り方の基本を覚えても、止まれなければ完成とは言えません。
最初はハの字のまま脚の内側に力を入れると止まります。
パラレルターンができるようになると最後にハの字で止まるのは難しいので、ニの字で止まれるようにしましょう。
イメージとしては、斜面と平行になる形で右または左に重心を置いてスピードを弱めます。
感覚をつかむまでは、直滑降で滑ったらニの字で止まる練習をします。
スピードをつけると間違いなく転びますので、最初はスピードを弱めて止まる練習だけをしましょう。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 実店舗を持たず、絵本の買取・販売に特化することで他店に負けない買取額を提示してくれる絵本買取サービスを探しているなら、事前に一点一点買取り額を査定して知らせてくれて、カバーのないものも買取ってくれるのでオススメです。

Copyright(C) 今からスキーを学ぶ! All Rights Reserved.