スキーの板はこう選ぼう!

スキーの板はこう選ぼう!

現在のスキーの主流はカービングスキーです。
バブル期に流行していたスキーでは身長よりも10cmくらい長い板を選ぶのが一般的でしたが、現在のスキーでは身長と同等かあごくらいまでの長さのものを選ぶのが一般的になっています。

■長さ
短い板は初心者から中級者に向いている板で、それほど上手ではなくてもターンがしやすいです。
しかし、安定性がなかったり、速度に制限が掛かったりします。
長い板は中級者から上級者に向いている板で、速さを出したり難しいコースを攻めたりするのに向いています。
安定性があるので、体重が重たい方でも安心して使える板です。

■カーブ
カービングスキーでは板のカーブによってターンの長さが変わります。
カーブ値が小さいと小回りが利き、カーブ値が大きいとゆったりとした滑りになります。
どちらが良いとは言えませんが、初心者は直進がしやすいカーブ値の大きい板がお勧めです。

■板の幅
スキー場にはサラサラのパウダスノーがメインのところと、踏み固められた圧雪がメインのところがあります。
パウダースノーがメインになる地域はわりと限定されるので、板の幅は狭い方がお勧めです。
パウダースノーの場合は沈みやすいので、幅が広い方が沈みにくくて滑りやすいと言えます。

板の選び方は非常に難しく、スキー用品店で人気の板を選ぶと失敗をします。
目的・場所・体形などをよく考え、どのように使っていきたいのかで選ぶのが一番でしょう。
よく分からない場合は、人気商品をお勧めせずにしっかりと要望に答えられる店員に聞いてください。

    Copyright(C) 今からスキーを学ぶ! All Rights Reserved.