スキー初心者のためのリフトの乗り方と降り方

スキー初心者のためのリフトの乗り方と降り方

スキー初心者が最も恐れるのは、リフトの乗り方と降り方ではないでしょうか。
初心者コースの下の方は自ら登っていけますが、少し慣れてくるとリフトを使用しないと大変な苦労になります。
スキー場でのリフトの乗り方と降り方をマスターしておきましょう。

・リフトの乗り方

苦手な方は、リフトの係員に初心者であることを伝えておきましょう。
乗り場には乗車位置のラインが引かれていることが多いですが、苦手な方にはきちんと誘導してくれます。
ストックは片手にまとめて持ち、板は進行方向にそろえておくだけです。
リフトが来たら椅子を持ちながら座り、ストックは膝の上にそろえておきましょう。

・リフトの降り方

降り口にもラインが引かれていることが多いです。
降り口に近付いたら板を真っすぐにそろえ、椅子を持ちながら立ちます。
リフトが押し出してくれて、立ち上がるだけで前に滑り出します。
ストックはしっかりと立ち上がってから両手に持つようにしてください。
立ち上がる前に雪上についてしまうと、脱臼や骨折の原因になります。
慌てずにゆっくりと動作すれば降り口から移動できるので、焦らないことが大切です。

降り口では係員がお手伝いをすることはありませんが、必ず係員は常駐しています。
乗るときにあたふたしている方がいれば、乗り場の係員から降り口の係員に連絡が行くので焦らなくても大丈夫です。

    Copyright(C) 今からスキーを学ぶ! All Rights Reserved.